三成さん、ニュースです!

石田三成さんに関するニュースやイベント情報、ゆかりの地巡りレポなどをお届けします

映画「関ヶ原」を観に行きました!

先月公開になった「関ヶ原」。

 

原作はもう有名すぎるほど有名なので、読んだことはなくても名前は知ってる、という方も多いのでは。

 

ネタバレも少々含みつつ、初見の感想を箇条書きでメモしておきます。

 

 

加藤剛さん主演のドラマは未見で原作も未読だが関ヶ原関連の書籍は読み現地に行ったこともある人の感想。(時系列統一なし)

 

・岡田君がかっちょよすぎてかっこいい三成さんにキョドる

・乗馬シーン結構あるんですけど、スタントなしと後で知って略

・初芽ちゃんのかたくななところが可愛い

・伊賀の人が集まるシーンに真田太平記を思い出す

・左近殿がぶったぎる竹があまりにも素敵すぎる画

・三成さんの左近殿説得シーンが結構面白い

・左近殿モテモテ伝説が垣間見える奥様との会話

・刑部殿が三成さんの心情を代弁するシーン萌え

・三成さんにくってかかる金吾さんにきゅん萌え(これがはじまり)

・短いシーンなのにねねさまVS淀の方がよく分かる

・栄華から転がり落ちていく秀吉様の存在感

・佐和山で稽古する三成さんがまったく不器用ではない件

・母衣の意味を初めて知りました勉強になった(名前は知ってたけど)

・女の人ごと暗殺者をぬっころしちゃう家康公のダークぶり

・3人がかりで締めないとはけない家康公ふんどし

・槍はつくものではなく叩くもの、を実際やってる映像は私は初めてみた

・火薬量の多さ

・けっこう流血している件

・かわいそうすぎた信勝くんの最後

・家康に絡められ家臣にも絡められ金吾さんかわいそうすぎる…

・刑部の輿を必死に守る大谷軍と敵の攻防がリアルすぎる(関ヶ原の山はあんな感じです)

・捕らえられた三成さんに対する福島さんと金吾さんの違い萌え

 

…まだまだ思い出すと色々あるんですが、また思い出したら書きます。

 

とりあえず原作とは違う解釈もあり、史実参照部分もあり、あっという間の2時間半でした…。

 

なんといっても関ヶ原の攻防がすごい迫力でした…!