読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三成さん、ニュースです!

石田三成さんに関するニュースやイベント情報、ゆかりの地巡りレポなどをお届けします

(随時更新・追加)三成さんに関係する本を並べてみる

題して「三成さんの本棚」。

あ、三成さんちの本棚再現コーナーではありません。

(できるものならやってみたいけど、そもそも資料がないですね!)

 

三成さんについての本、三成さんが出てくる本、小説漫画ありとあらゆる「三成さんを探せ!」であると思っていただければ。

 

書店で購入出来るもの、その地域でしか手に入らないものなども含め、リストアップしていきます。

 

書評とかは個人の感想になってしまうので、そこらへんはさらっと行きたいと思います。

 

三成さんの名前があることが優先なので、小説とかだと三成さんが主人公でないのも含まれます。

 

さてさてどこまで情報収集できるでしょうか。

 

随時更新予定。

 

広告を非表示にする

随時更新・三成さん年表(その1)

亡くなった日は分かってるんですが、生まれた日は不明の三成さん。

まあ当時は戸籍帳とかはなかったので、お正月にみんなが1歳年を取るのが普通でした。

 

今のように満年齢で数えるようになったのは昭和25年からなんだそうです。

 

まあはっきり生まれた日が分かっている人もいますが、そういった人は記録が残ってる大名とか名家の生まれの人とかです。

 

そんなわけで三成さんの生涯をざざっとご紹介。

 

永禄3年(1560年)生誕

この年に桶狭間の戦い長浜の戦いが起きています。長浜の戦い長宗我部元親の初陣。

 

天正2年(天正5年説もあり)豊臣秀吉に父、兄と共に仕官。

天正元年に長浜城の築城が始まり、完成は3年か4年といわれているので、その頃に仕官していたのはほぼ間違いないようです。

 

天正10年6月に本能寺の変織田信長が横死。

このとき豊臣軍は中国攻めで毛利氏とにらみ合いの最中。

しかしあの有名な「中国大返し」で大坂にとって返し、あの賤ヶ岳の戦い天正11年。

 

天正11年に豊臣秀吉関白就任。

このときに従五位下治部少輔に叙任。

これまでも、でしたがそれ以上に三成さん多忙の日々が始まります。

 

これ以降はいろいろと長くなるので、また別記事に。

 

 

 

広告を非表示にする

はじめに

初めまして。

「三成さん、ニュースです!」管理人です。

 

このブログは「三成さんについて知りたいときに見る」便利なページを目指して立ち上げました。

 

三成さんとは1600年の関ヶ原の戦いで西軍の指揮をとった石田三成のことです。

 

小説や映画やドラマ、ゲームなどでその名前は広く知られていますが、実際に三成さんがどんな人だったのか、どんな人生だったのかははっきりとは分かっていません。

 

それでも主である殿下(豊臣秀吉、太閤さん)のために北の端の青森から(当時はまだ北海道まで武士の勢力は及んでいませんでした)南は鹿児島まで(当時はまだ琉球王国でした)、走り回った三成さんがたしかにそこにいた記憶は今も伝わっていると思います。

 

ゆかりの地を訪れてみたいな、と思ったときに、また三成さん関連のちょっとしたニュースがあったときに、役立てていただければ幸いです。

 

なお、ゆかりの地情報はあくまでも「管理人が実際に行ったことがある」場所のみのお知らせなので、全てを網羅しているわけではありません。

 

イベント等も「管理人が体験した」ものを中心に、確実なものをお届けしたいと考えています。

 

調べようと思えばネットでも調べられることも多いのですが、それだけならここでなくても…ということになってしまいますので。

 

また情報によっては内容が古くなっている場合もあります。

 

なにかございましたら、メールフォームよりお知らせください。

 

               2016.11.6 管理人

広告を非表示にする

三成さん関連行事一覧・2016年

2016年11月5日現在で、分かっている三成さん関連行事のまとめです。

(抜けは随時更新して行きたい所存)

 

○11月6日 石田三成祭2016

 生誕地で行われる法要。長浜市石田町にて10時から16時30分開催。

○11月26日 近江歴史探訪「石田三成出生の地を訪ねて」

 大原観音寺から石田会館を目指して歩きます。

 午前の部 9時45分 午後の部 14時45分 大原観音寺集合

 (定員はどちらも35名、先着順)

 

来年の1月29日には江戸東京博物館で戦国の近江をテーマにしたシンポジウムが開催の予定。

戦国はまだまだ熱い…!

 

そういえば今年は検定はあるのでしょうか。

また調べておきます。

 

2017年に上映される映画、「関ヶ原」と「花戦さ」にも三成さん出ますよ!

広告を非表示にする

三成さんの命日の前に。

今から400年以上も昔、豊臣のために生き、そして散った三成さん。

慶長5年の10月1日がその命日ですが、今の暦だと11月6日となります。

 

歴史資料などが少ない戦国の世にあって、当時生きていた人の人となりはほとんどが伝承や口伝えによるもので、どれが正しくどれがゆがめられたものなのかは分かりません。

 

小説やゲーム、ドラマなどで三成さんはさまざまな人に描かれています。

それもあって人となりの再評価はされていますが、それでもまだまだなぜ?が多く残っていますよね。

 

今年は11月6日に生誕の地で法要が営まれます。

 

遠い地からですが、三成さんのことを祈りながら一日を過ごすつもりです。

 

そして、このブログで少しでも三成さんのことをたくさんの人に知ってもらえたらいいなあと思います。

 

三成さんに関わった人たちのこと。三成さんが過ごしたり歩いた土地のこと。

 

今と昔。

 

たくさんは無理ですが、私も自分の足で歩いてみたいと考えています。

広告を非表示にする